01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

深海漁生放送感想 

どうも、ベッドが金具浮き出るほど硬くてかれこれ一週間くらい寝れてなかった人潟るけです。
最近は絵描かずにまた写真整理を行ってます・・・途中でもいいからいい加減写真ページを公開せねば。


ところでこのサイト・ブログを見ている深海クラスタさん達は何日か前にこれを見ましたでしょうか?



あの焼津の深海生物漁生中継です。ニコ生もここまで来たかって感じだなぁ~!
これは見るしか無いでしょ!…というわけで見てきました。

その感想をつらつらと・・・

【ヌタウナギ編】
こちらはすでに収録したものを流す収録放送。あと深海生物調査漁なので普通の漁とはまた違う…のかな?
ノーカットなのでテレビ番組のようにすぐ目的地のところに到着!…というわけではなく、1時間半くらい船の上でずーっとゆられてようやく目印のところに。やはり結構かかるんだなぁ。
その後仕掛けられた大量の筒を一本ずつ引き上げては、その中にかかったヌタウナギさんをひたすら取り出していくという作業を延々と行っていました。あまりにもこの光景が長く続くせいかコメントであまり関係ない会話をする人たちがチラホラ…。
あとやはりヌタウナギさん以外にもやはり色んな深海生物はかかるようで…オオグソクムシさんはもちろん、バイ貝エビクモヒトデ(しかも6本腕)、さらにはアナゴやウミヘビの仲間らしき生き物もかかってました。もちろんヌタウナギさん目当ての漁なのでほとんど捨てられてましたが。
漁師にとってはヌタウナギさん目当てでも、視聴者にとってはヌタウナギさんに紛れてかかってしまった生き物が見所って感じがしますよね。


【オオグオクムシ編】
こちらはヌタウナギ編と違って生中継。あとヨコハマおもしろ水族館さんとこで度々やっている「深海漁見学ツアー」の生中継でもあります。その様子が見られるのもまた感激!私もいつか参加したいんだよなぁ…。
船に漁師さん・水族館の人・ツアー参加者が乗り、漁に出たもののその後ツアー参加者の何人かが船酔いでダウンしてました…。この日は波が少し強かったみたいで。お気の毒に…。
目的地に到着し、オオグソクさんが入っている筒を一本一本取り出す作業に入ると中からオオグソクムシさんがワシャワシャと・・・でもそんなに数は居ない(不漁)。
…で、オオグソクムシさんの他に紛れ込んで出てきたのはあのコンゴウアナゴでした。
実は放送前日に「これもしかしたらオオグソクムシ編あたりで生きたコンゴウアナゴ見れるんじゃね?」と予想していましたがそれが見事に的中!見れたときは本当に嬉しかった…!
さらにさらに、オオグソクムシだけでなく深海サメ用の仕掛けも引き上げてみると、高級魚であるアコウダイトウジンの姿が…。
もちろんサガミザメヨロイザメ(漁師からはゴジラと呼ばれていた)などの深海ザメの姿もありましたが、あの巨大なカグラザメが姿を現した時はちょっと目を疑いました・・・深海ツアー参加者達が羨ましい
とそんな感じでテンションのあがる光景を見てきた後、深海漁ツアー参加者達と漁師さんは、陸へ戻り「サガミザメの刺身」「オオグソクムシの煙突焼き」などの漁師ならではのメニューが振舞われていました・・・本当羨ましい
でもオオグソクムシさんが内臓取り出されるところはちょっとエグかったです…。

深海漁おつかれさまでした

そんなわけで、今回のニコ生でやたらテンションがあがってしまった&お疲れ様でしたという事で描きました。
この絵に描かれている擬人化達は皆ニコ生に出ていた深海生物達(の一部)です。すごいね!
サガミザメ?アコウダイ?・・・まだ擬人化してないので・・・。


スポンサーサイト

Posted on 14:36 [edit]

category: 日記

Page top△

3333 

3333HITギンオビイカさむね

どうも、絵を描いてると自分の作業の遅さにだんだん絶望してくる人潟るけです。

この前2周年を祝ったばかりですが、この度しんかいらいふは3333HITを突破しました。ありがとうございます!!
今回のキリバン絵は、発光液を噴射するダンゴイカの仲間であるギンオビイカ
久々に主線無しイラストにしたのは主線無しの方が味ある絵になるかなと思ったからです。今回はわりと凝ったデザインに仕上がったんじゃないかなと。でもギンオビイカの帽子がちょっと小さめになってしまった感・・・。


P2070061.jpg

ブログに書いてなかったけど実は少し前に竹島水族館行ってきました。
写真はウミテングタケというサンゴの仲間。こんな名前だけどキノコじゃないのよ。
1年以上ぶりにたけすい行ってみて分かったのは・・・やっぱりあそこは夢の国だと言うことですかね。


Posted on 10:39 [edit]

category: 日記

Page top△

2しゅうねん! 

2周年さむね

しんかいらいふ」はこの度2周年を迎えました!

本当は14日に更新したかったんだ・・・でも大学や引越しの件で色々やってたので・・・こればかりは・・・うん。


というわけでしばらくご無沙汰しておりました・・・るけです。
今回の記念絵は・・・4人居ます。左からテヅルモヅル・リュウグウノツカイ・ミツマタヤリウオ・ユメカサゴです。
この絵柄で4人も描くのは今回が初めて。年賀状のホラアナゴ3人組から記録更新しましたね。もちろん時間かかりました・・・線画も色塗りも大変でした。描いてる途中力尽きました。

なぜこの4人を選んだか気づいてる人は居るかな・・・?
そう…これ、各「~にて」シリーズの主人公?達なんですよね。

深海にて: テヅルモヅル
竜宮城にて: リュウグウノツカイ
裏深海にて: ミツマタヤリウオ
深海探検にて: ユメカサゴ

今回の記念絵は各主人公達が夢の共演しているという画でもあるのです。
そう思うと少しは特別な感じがするかな?

そんなわけで2周年目もしんかいらいふをよろしくお願いします。


今年こそ深海にて以外の話も進ませたり写真ページ完成させたり色々したい・・・な。


2周年絵差分縮小
↑少しは見栄えが良い文字無し差分


↓もらい物

-- 続きを読む --

Posted on 09:22 [edit]

category: 日記

Page top△

ようやく大学生 

P2030002.jpg
↑新しい個体のテヅルモヅルちゃん (沼津港深海水族館にて)

えー…今日更新する予定は無かったんですがこれだけは報告しておきたいなと思って今日も更新することになりました。


実は…



合格しました。

ようやく大学生になれるよ!やったねるけちゃん!というかおせぇ!
同世代の人たちに完全に先を越された状態での入学になりますが、まぁ年なんて気にしたら負けですよね。
これでようやく親に顔を見せられそうだ…福岡まで里帰りするのはなかなか大変ですけれども。

…なので、おそらく3月あたりはまた引越しとかで忙しくなりそうです。更新が停滞してもツイッターでは毎日のようにつぶやいてるので「生きてるかな?」と思ったらそちらをご覧ください。

気持ちがスッキリしたところで現在サイト2周年絵を進めています・・・はい、14日で2周年です。早いね!


Posted on 12:15 [edit]

category: 日記

Page top△

色々と忙しかった 

熱水のゆかいな仲間達さむね

どうも、普段はめったに風邪引かないくせに受験当日に風邪引いてしまった人潟るけです。
風邪は引いたけど頑張ってきたのよ…他の受験生達に風邪うつしてしまったらゴメンナサイだけど…。
そんなこんなで一浪の私の受験はほぼ終わりました。え?初めて聞いた?

んで受験ついでに水族館行ってきたりもしてました。(受かる気無いだろ)


P1270005.jpg

なんてカッコイイフォルムなんだ!
…と、あらためて思います。
ちなみにサンシャイン水族館にて。ぬますいと違って水槽に水が流れたりしないのでなんか久々に綺麗なグソクさんを撮った気分・・・。

P1300021.jpg

ヨコハマおもしろ水族館にて。
貴重な深海生物、ヒラアシエゾイバラガニを見る事が出来ました!やはりここの深海コーナーは比較的珍しい深海生物が見られるから良いのう!
ノーマルのエゾイバラガニは通称「ミルクガニ」と呼ばれています。茹でると身がミルクのような甘い香りがする事からそう呼ばれるんだそう。ヒラアシの方も甘い香りがするんだろうか…?でも貴重だから食う気は起きなさそう。


と、二館の水族館へ足を運びました。平日ではあるものの長時間は居れませんでしたが。
ちなみに一番見れて(撮影出来て)感動した深海生物はというと・・・


P1270007.jpg

これです。

有名だから・・・多分分かりますよね?



P1270002.jpg

そうです。メンダコちゃんです。

1月27日。なんとこの日、サンシャイン水族館にはメンダコちゃんが展示されていたのです!
出かける前日、「池袋にあるサンシャインにはメンダコちゃんが居るし・・・宿泊する所は新宿だし・・・行こう!」ってなりました。
そして念願のメンダコちゃん撮影に大成功!わりと明るい水槽だったので撮影は容易でした…ただこれではさすがにメンダコちゃんは長生きしません。無事に生体が見れるかどうかはもはや運のレベル。
せめて水槽の明かりは赤いライトにしてほしかったものの水族館側はそれが難しいようですね…今年で深海生物の展示が前より盛んになってきた気がしますし、もう少し深海生物に配慮した水槽になってくれる事を祈る。

生体のメンダコちゃんならぬますいで何度か見てきたものの、この水族館でメンダコちゃんが見れた時の興奮の度合いはかなり違いましたね…メンダコちゃんの撮影はえのすいでかなわせる予定でしたがまさかのサンシャインでかなってしまいましたこれはかなりラッキーかも。



ねぇ知ってる?泳いでるメンダコちゃんは元気そうに見えるけど実は死にかけてるんだって~


Posted on 11:07 [edit]

category: 日記

Page top△