10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

祭りだわっしょい 

どうも、最近どうも足が攣るので足のマッサージがかかせなくなってきた人潟るけです。

【深海祭りについて】

以前にもブログに書いてた通り、「第12回深海祭り」というおもしろ水族館恒例のイベントのお土産コーナーにて私のグッズを置かせて頂きました!
もうこのイベントに出店してから何回目になるんでしょうね…深海イベントに毎回置かせてもらえるという事だけすごくありがたい事でございます…。


売り上げの成果は…

すべて完売!

プリンターを買い換えたばかりの事もあって数量を以前より少なめにしてたというのもあるとは思うのですが…まさかのすべて完売です!
お買い上げして頂いた方に圧倒的感謝・・・!

PB240056.jpg

おも水さんの人によると、一番評判良かったのは、このヒカリキンメダイの蓄光プラバン。やはり擬人化グッズよりも納得の人気商品でした。
買えなかった人たち(主に私のフォロワーさんが)は、「欲しかったのに…」という声もあったほどでした。
次の深海祭りの時はもっと量産しておきます…。


~深海祭りレポ~

・・・で、一応ココからが本題です。
深海祭り」といえばなんといっても、深海づくし&深海生物マニア私いやっほう(?)なイベントですからね!


た

まず最初にお目にかかれたのが、巨大なタカアシガニさん!
おも水さんがツイートしていた通り、本当に巨大タカアシガニさんが冷凍された状態でおもしろ水族館にやってきていました!しかし運ぶの大変だったろうなあ・・・。

もちろんこのタカアシさんはお亡くなりになった個体ですし、その上触れます。つまり・・・

たt

握手が出来る!!

生体のタカアシガニさんに触ったり持ったりした事のある私ですが…こんな感じで握手をした事は一度もありません。
理由は…単純に危ないからです。タカアシさんの鋏の部分はトゲトゲではなく丸い形をしていますが、やはりでかいので挟む力はとんでもないらしいですね。

死t…亡くなったタカアシガニさんだからこそ出来る事を今回初めてやれたというのは、今回一番大きい事かもしれませんね。


サメ

それからユメザメちゃんと謎カスベ(エイの仲間)がタカアシさんのお隣に登場。
冷凍されてないユメザメちゃんは釣れたてのようでして、目はちゃんと緑色に輝いておりました。綺麗な目は新鮮の証!


…で、謎カスベについてなんですが…それなりに解凍出来てから後ほど「ミツボシカスベ」だと判明しました。

飼育員さんなどの話によると、カスベ類は腹柄を見ると大抵の種類が分かるそうなんですが、腹側がまだ凍ってしまっていると判別が難しいそうです。
カスベ類は体の模様や形で判別出来るんじゃないか?となんとなく思ってましたが、主にそうやって判別するみたいですね。勉強になりました…。
ちなみにミツボシカスベの由来を後で調べてみたら、「眼の内側、眉間あたりに3本ずつの棘、また肩部分にも左右3本ずつ棘があるところからきている」そうな。なるほど、分かりづらい。
(解説引用:水族深海様)

ちなみに私は密かに「この謎カスベは、現在擬人化してるゾウカスベさんかコマンドルカスベだったりしないかなあ…」と思ってましたが…でもミツボシカスベもかなり貴重な深海生物ではあるので、見られて損は全く無かったですね!
(そもそもカスベ類は捕獲自体が珍しかったりするので…)

ゾウカスベマグネットコマンドルカスベマグネット<・・・?


~深海ザメの解体ショー~


はい、深海祭りお馴染みの解体ショー!というか、主にこの解体ショーがあるからこその深海祭り!って感じですね。
この水族館の名誉館長でもあり、焼津で深海ザメ漁師をしている深海おじさん。そしてその息子さんの深海おにいさん
(今思うと私はこのイベントに何度も出席しているのに、あまりこの二方とまともに話せた事が無いんですよねぇ…)

26日に解体されたサメは、上のツイに書いてある通りイチハラビロウドザメでした。
このサメは、その名の通り人名が由来の深海ザメ。最初に獲った人の名前だったかな…?
ちなみに名前の「ビロウド」の方は、そのサメの肌の質感がビロウドという古い織物に似ている事から、その名が付けられたらしいです。確かJAMSTECさんで聞きました。
一般の人にはあまり聞き馴染みの無いこのサメですが、このイチハラさんは主に日本の海にしか生息しない種類らしいので、海外ではかなりのレア種らしいですね。

そんなイチハラさんを解体してまず目に飛び込んできたのが…

⇒イチハラさんの卵(※モツ注意)

TA MA GO!

この子はメスの個体で体内に卵を持っておりました!そう、このサメは卵胎生なんです。
深海ザメの卵も栄養があって美味しいらしいですよ。


⇒イチハラさんの心臓(※モツ注意)

深海ザメは浅い所のサメと比べてそれほど泳ぎ回らないため、体に対し心臓はこれほどしか無いんだそうです。
なので他の深海ザメもだいたいこんな感じの大きさですよ。
オンデンザメの解体ショーの時も、心臓はこれよりは大きかったと思いますが、でかい体にしてはかなり小さかったですね。
⇒オンデンザメの解体ショーレポ
ちなみにこの心臓は、おでんにして食べると美味しいらしいです。(食べる機会ははたしてあるのだろうか…)


ちなみに、このイベントで解体した深海サメは、(研究に使う事が無い場合に限り)参加者が持ってかえれる事が可能でして、3人ほどのフォロワーさんがイチハラさんのバラバラ死体肉や卵を持って帰っておりました。

そしてフォロワーさんが後に送ってきた画像がこちら


なんという飯テロ!(

イチハラさんの腹の部分の身を持って帰ったフォロワーさんは、こんな感じですごく美味しそうに調理していました。
今にも食べたくなってしまうほどに美味しそう・・・フライにしたら絶対美味しいだろうなあ。

そういえば、普通の(浅海に生息する方の)サメを食べたり、獲ってからしばらく経ったサメを見た事ある人なら分かるかもしれませんが、普通のサメの肉は臭みがあるのが特徴なんですよね…その臭みの原因は体内に蓄積しているアンモニア成分(尿素)
浅海のサメはこのアンモニアを蓄えていないと生きていけないらしいのですが、深海ザメはそのアンモニアが必要無いため、アンモニア成分はすべて尿や糞とともにちゃんと放出されます。なので深海ザメの殆どは、死んでしばらく経った状態でも臭みが全く無いのです。
普通のサメならば、臭みを除去するために調理をする時に湯引きや水さらしを行う必要があるものの、深海ザメはアンモニア成分が無いので、普通のサメよりかはお手軽に調理が出来る!
そのかわり腐りやすいらしいので、アズラツノザメのようにスーパーによく売られている種類はそれほど居ないみたいです。

…と、長々解説してしまいましたが…とにかく深海性のサメは調理がしやすいし美味しい子が多いぞという話でした。
私も次の深海ザメの解体ショーで、そのサメの一部を持って帰ってみようかしら…。



ちなみに27日で解体された深海ザメはヨロイザメユメザメちゃんでした。
さすがはよく解体されるコンビですね。

ヨロイザメマグネットユメザメマグネット<・・・・・。

そういえばよく思うのですが、この2種、頻繁に解体されるものの、解体すごい大変だと思うんですよね…ヨロイの方は皮膚がすごく頑丈だし、ユメちゃんの方はサメ肌が手に刺さるくらい鋭いし…。
でもそれをなんなく捌いている深海おじさん・・・さすがです・・・!


…はい、そんな感じでした。

今回お会いできたフォロワーさん方々、グッズを買って頂いた方々、今回もお世話になったおも水さんの方々…

PB260087.jpg

本当にありがとうございました!!

/乗るグッソ~\


↓おまけのようなもの


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 12:04 [edit]

category: 日記

Page top△

第12回深海祭りお品書き 

【イベント告知】

IMG_1430.jpg

明日にヨコハマおもしろ水族館さんで開催される「第12回深海祭り」にて、このようなグッズ達を販売いたします!

「深海生物擬人化(126人)早見表」
…新しいプリンターを導入したおかげさまさまで、お馴染みのこのグッズがついに今回帰ってきました。
今まで描いてきた126人の深海生物擬人化をA4表裏1枚におさめた、ある意味しんかいらいふを一番象徴するグッズですね。
るけの深海生物擬人化が好きな方、またはその擬人化に入門してみたい(?)方はぜひ!

「深海ウナギ目擬人化大判メモ帳」
…新商品ですね。ついにあのウナギ劇場がグッズ化しました!もちろんこれも手作りでございますん。
サイズはB6で、メモというよりはおそらく便箋として使っても良い感じのグッズですかね。(中身の印刷もわりと便箋っぽいですよ)
一般に市販されてる便箋と違って切り取りづらいとは思いますが、手作りだからしょうがない…。
ウナギ劇場ファンの方やそうでない方も、ぜひお手に取ってみては…?

「深海生物擬人化ラミキーガチャ」
第何回かの深海祭りにて販売して、一番人気の高かったあのグッズを、今回また作ってみました。
「?」と書かれた暗色の紙の中には深海生物擬人化ラミキーとその原形写真と説明の紙が入っているのですが・・・このグッズは、ガチャポンなどとほぼ同じように、会計するまで何の擬人化のラミキーが入っているのか一切不明なのです。まさに深海らしいグッズ!(?)
今回用意したラミキーは、前回と同じキャラが入っていたり新入りが入ってたりと盛りだくさんなので、興味のある方はぜひガチャってみてください。

「ヒカリキンメダイ蓄光ストラップ」
…おも水さんの人からも「可愛い」と言われた、ある意味今回の目玉かもしれない新商品でございます。
今まで散々プリンターに頼ってきた私ですが…これだけは珍しく100%アナログで製作したもの。
そう、このストラップの正体は「蓄光プラバン」!使った材料は黒マッキーと青マッキーだけ!

以前ダ○ソーに売っていた蓄光プラバンキットなるものを見まして、思わずそれを買いまして、それをヒカリキンメダイで作ってみたところ…

PB240056.jpg

すごく良い感じのヒカリキンメダイグッズが出来上がりました。

…という事で、頑張ってこの良い感じのヒカリキンメを量産して、今回売ってみる事にしたのです。
ぬますいに居るヒカリキンメに魅了された人なら、もしかしたら欲しくなるかも…?と思いつつも、アナログ100%のグッズ販売は経験上初めてなので、正直不安でもあったり…(4個だけとわりと少なめの数量なのも多分そう)


はい、そんな感じです。
おも水にはほぼずっと滞在してる予定ですが、途中で気分が悪くなったりして早めに帰る事はあるかもしれませんが、ご了承くださいませ…。



そしてメインのおも水では、毎度お馴染みの深海おじさんによるトークショーや深海ザメの解体ショーが見られるので、深海マニアは行ってて損は無いはず!


そんなわけで、明日またお世話になるおも水さんの人たち、深海祭りへ行く予定の私のフォロワーさん方・・・明日はよろしくお願いします!

Posted on 21:44 [edit]

category: イベント情報

Page top△

5周年!! 

ScreenShot_2016_1121_23_08_45.png
↑クリックでDLページに飛びます

5周年ありがとうございます!!

というわけでどうも、極めて寝不足気味の人潟るけです。
毎年恒例の「深海探検にて」のアプデがほぼ完了したのでお知らせいたします。

本当は昨日書く予定だったこのブログ記事ですが、ゲームをアプデ出来た日付が「21日の23時41分」というすごくギリギリなラインでしたので…。


【反省会】

○ゲームのトップ画面をそろそろ変えようと思ってたけど時間が無くて描けなかった

実はトップ絵を変えるつもりでいたのですが、竜宮城内のテストプレイと修正を行って
るうちにすごい時間がかかってしまいまして…描く暇がほとんどありませんでした。
それほど竜宮城に手を込んでたというのはあると思うのですが…2日間半分徹夜すれば
なんとかなるだろうと思っていたものの案外そんな事は無いものなんですね…
次アプデする時はすごく早めにやっておきたいものです。


○一緒に弾幕ゲー(試作)を公開するつもりで居たものの、公開出来なかった。

前に予告しといてなんとも申し訳ない事なんですが…弾幕ゲーを久々に開いてみたら
なんか操作がえらい事になっていまして…公開出来るものでは無いなーと…。


○竜宮城の中、本当は鍵がもう少しある設定だった。

実際にプレイして頂いた人なら分かるかもしれませんが、明らかになんか鍵があれば
普通に開きそうなドアとか、何か入ってそうな怪しい箱とかを見つけたと思います。
しかし実際には、触っても何もフラグが起こらなかったりただのかざり的なものだと
いう、なんともプレーヤー殺しなゲームで申し訳無かったです。
実は開きそうなドアにも鍵がありまして、そのドアの鍵も実はどこかに入っているという
システムで作る予定だったものの、あまりに時間が無くて実装出来なかったという裏話
がありまして…




【今後の話】

~深海祭り~

またおも水さんで深海祭りが行われるそうなので、もはや恒例かもしれない私のグッズ販売を、恒例のお土産コーナーにて行います!
今回もお馴染みの深海ザメが出てきますが、今回は巨大なタカアシガニさんも来るそうな…?


今回出品する予定のグッズをざっくりと・・・

・擬人化早見表
・擬人化大判(B6サイズ)メモ帳
・(例のブックカバー柄の)深海生物柄メモ帳
・擬人化ラミキーガチャ
・深海生物蓄光プラバン


またあと一週間ほどしか無いですが…もう印刷ミスとか変色したりしないであろう新しいプリンターがあるので、作るのにそう時間はかからないと…思いたいですね。
ところで蓄光プラバンって何?気になる…」って人は・・・今後のブログ更新を期待してみてくださいね(


~ゲームの修正アプデ~

さきほどぐだぐだな一人反省会を行うほど、あまり満足出来なかった今回のゲームアプデですので・・・また去年のように修正アプデを行いたいと思ってます。
今度は時間に負わされず、ゆるゆるテストプレイをしてどこかおかしい所が無いかをチェックしたり、トップ画像を描き変えたり、部屋の鍵を増やしたりして、今回のアプデの完全版なるものを、深海祭りが終わった後に公開したいなと考えております。
(あくまでも今年のアプデの完全版なので、もちろんこれからも例の日はアプデをじゃんじゃん行いますよ)

ちなみに現在公開してるver.は、寝ぼけてたので誤字はたくさんあると思いますが、リュウグウノツカイさんにはちゃんと会えますよ。やっぱり竜宮城といえばツカイさんですからね。


【ポケGOについて】

IMG_1385.png

汚いアイスことベトベターの飴が全く溜まらないので相棒にして散歩してみようかと思ってるものの、正直こいつを散歩さて森林公園とか歩いたら迷惑にもほどがありそうだ…。

Posted on 12:10 [edit]

category: 日記

Page top△

チョコは好きですがポッキーはあまり食べない人です 

無題

どうも、ポッキーのデコアイコンの使い方をあきらかに間違えてた人潟るけです。
(ちなみに私にとってポッキーの日はフクロウナギちゃんの日でもあったわけですが…)


【ゲームアプデの進捗について】

竜宮城

はい、こんな感じで深海のどこかに竜宮城を無事建設いたしました。
竜宮城の中はまだ絶賛工事中です。
間に合うと良いな・・・

ちなみに今回のアプデで実装される事↓

○(すごい簡易的な)アイテム欄が付く
これが一番大きい変化ですね。ついにアイテム欄が付きました。
これで深海生物達に与える餌の数量が分かるかと言うと、別にそういう訳ではありません。
これは主に竜宮城を探検する時に必要なアイテム欄です。竜宮城の中で色々アイテムを拾ったりしてからなんとか全員の召使に会えたり、リュウグウノツカイさんに会えたりするという訳です。
こう設定した事でよりゲームっぽくなってきましたね。
ポケモンでいう伝説の3大鳥とかミュウツーみたいに、そう簡単にリュウグウノツカイさんには会わせませんよ。


(※これはあくまでもテストプレイなので、本ゲームで実際に深海生物達を拾う事は出来ません)


○どこかで深海クイズが楽しめる
竜宮城のどこかのなにかで、クイズという簡易的なゲームが楽しめます。
深海にそれほど詳しくないけどゲームをプレイして頂いてる方にはある意味オススメ…かな?

○試作の弾幕STGが遊べる
アクエディ4で作った東○風のゲームの試作です。試作なのでクオリティはアレかも。そして重いかも。
音楽は誰かさんから借りたものを主に使用してますが、そのうち本番作STGで自分で作った曲を使用したいなあと考えております。

○突っ込みどころが増える
多分増えます。ただそれだけです。

○裏深海で住人を殺す事が出来る
時間があれば裏深海限定のアイテム欄を作ってみようかなと思っております。
どんなアイテムがゲット出来るか、どのように使用出来るかは、まだ未定です。



【音楽について】

⇒音雲

上記で言ってましたが、私は一応音楽も作っておりますのですよ。まだ修行中ですが。
なぜ作曲にも手を出したかといいますと、上記で言っていた弾幕STGで使う曲を自分で作ってみたいという気持ちが強くてですね…。
だって、自分のキャラの良いイメージソングって、作者本人にしか作れないじゃないですか。
他の人が作っても味のあるものは出来ますが、そのキャラの性格とか感性とか、そういうのをすべて表せす事が出来るのは結局作者自身だと思うのですよ。(別に私は野生のZUN氏になりたいというわけではなくて)
現在何曲かをsoundcloud(通称:音雲)で公開しております。まだ短い曲しか作れてませんが、これからたくさん練習します。
絵も音楽も同じく、練習が大事ですよね。
ちなみにアンドロイドアプリの「music line」…わりとオススメです。


【グッズについて】

プリンタ

そういえば、プリンターをようやく買い換える事が出来ました!明るい色はもちろん、暗い深海色も綺麗に出てくれました。良かった良かった…。インク代が嵩張りそうですが、これで再びグッズ作りが出来そうです。
後に通販のグッズを少し増やしておきたいなと思っております。早見表とかね。
ちなみに早見表より好評だった写真本の再販は未定です…次の即売会(多分来年)までには、出せたら良いなあと思ってます。



【ポケGOについて】

IMG_1339.pngIMG_1340.png


IMG_1339のコピー

IMG_1340のコピー


うちのほのおタイプがなかなか炎技を覚えてくれません。



Posted on 11:10 [edit]

category: 日記

Page top△