02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

大根おろしはあまり好きじゃない 

こんにちわ、バイトは怖いなと実感した人潟るけです。


【擬人化とか写真とか】


(※クリックして擬人化紹介ページへ)

久々の擬人化更新という感じですが、これからは頑張って月1で更新していけるようにしていきたいなと思ってます。
まだ何人か立ち絵があるのに更新していかないと擬人化達が可愛そうですからね…。


そうそう・・・


オロシザメマグネット

擬人化オロシザメ描きました。


なぜ描いたかって?



P3130106.jpg

こちらがモノホンのオロシザメです。
(※ちゃんと本人が撮影した写真です)

なんとなんと…ぬますいさんでまたオロシザメが展示されたという情報を聞き、私は金欠にもかかわらず沼津港へ餌を狙うサギフエのごとく飛んでいきました。


Q.そもそもオロシザメって?

A.おそらく今まで捕獲されたのが世界で6例ぐらいしか無い、非常に希少な深海ザメ。本種の特徴は独特の形をした体と、おろし金のような質感の荒いサメ肌、そして妙に虚ろな目つきと豚鼻が特徴な子です。

世界で6例…同じく希少なサメであるメガマウスさんは今のところ世界で50例ほど…つまりメガマウスさんよりも全然レア!

…そんな深海ザメですが、ぬますいにオロシさんが来たのは実はこれで3回目。つまり6例中3例が沼津で捕獲された事になるという事になるわけです。
それを聞くとぬますいすごいけどおそろしい!!あと駿河湾すげーーー!!ってなりますよね。(主に私が)



ところでラブカさんが撮影NGだから、ラブカさんよりもより貴重な子であるオロシさんも撮影ダメだろうなあ~と思っていたらまさかの「撮影OK」でした。(でももちろんフラッシュ撮影はダメ)

撮影がOKなので目に焼き付けると同時にオロシさんを撮ろうと思ったものの…その撮影難易度はクリオネちゃん以上でした。

○水槽が暗い
○その上オロシザメの体色も暗い
○じっとしてる・またはゆっくり泳いでるのかと思いきや、わりと不規則にユラユラ泳いでる
○動きが読めない


…という条件だったので、3~4時間?ほど粘った結果撮れた写真がこの1枚。おそらく30枚ほど撮りましたが比較的綺麗に撮れたのはこれだけ。
今まで様々な深海生物写真を撮影してきた私ですが…今までの(撮影OKの深海生物達の)中で最高に難しかったような気がしますね…。
さすが希少種…その姿を写真におさめる事も希少のようです。



しかし自称深海生物オタクの私…もちろん写真だけ撮って帰ってきたわけではありません。

上の擬人化立ち絵を描いたのは、生きたオロシザメさんに会えた記念というのもあるのですが、生きたオロシザメさんを実際に観察して、自分が以前描いていた・設定していた擬人化オロシザメさんを少しリデザイン・設定を変えて描いてみようと思ったからです。

【ラフ状態だったオロシザメさんの設定】
○髪がザラザラしている
○目は黒色
○髪がそこまでザラザラしてない
⇒ラフ当時の絵



【描き直したオロシザメさんの設定】
○髪がトゲトゲしている
○目は緑かかった黒色
○髪のザラザラ感を増させた


…という感じです。
私が生きたオロシザメさんを見て知ったのは、オロシさんの目はネットにあがってる写真やイラストのような黒色では無くちゃんと緑色だった事サメ肌の質感がザラザラというよりトゲトゲしていたという事でした。
それを擬人化にちゃんと反映させてみようと思い、水族館から帰った直後に立ち絵を描いたわけです。
やっぱり実物を見るのって大事なんだなあと実感します…(さすがに生きたチョウチンアンコウとかは見れないと思うけど…)

なので私と同じく生き物などを擬人化している人は、チャンスがあれば写真だけでなく一度実物を確認して見てはいかがかな?
わりと以外な発見があったりするものですよ。


P3130054.jpg


ナヌカザメさんがシャチホコしてたりとか。




P3130054b.jpg


・・・・・・・なんで???




【音楽について】


昨日作ったやつです、相変わらず単純ですが、まあこれも作曲家(もどき)へ一歩前進した事でしょう。
タイトルは「さざなみ」。タイトルも単純ですね。
これも「pikopiko2」と同じくゲーム用に使う予定の曲だったりします。(まだ不十分な点が多いので使わない可能性はありますが)

ちなみに私の主な作曲方法は「music line」というスマホアプリで作って「Domino」でそれを打ち込むという方法でやっていたりします。
私の場合、いきなりPCでやろうとすると大抵グダグダになってしまうんですよね…しかしこのアプリでやるとわりと簡単に良い感じの曲が打ち込めるので、わりと重宝してます。

しかしスマホとPCとでは、同じ楽器でも音や音源が異なっていて、
スマホで作曲した→PCで打ち込んだ→なんか違う(´・ω・`)
…という事が何度かあったりするので、それは今の音源でごまかすか、頑張って違う音源も追加してみるべきか迷うところ…(˘ω˘)


↓拍手返信

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 18:53 [edit]

category: 日記

Page top△

クリエイターになりたい 

3月になりましたね…今年もあっというまですね…どうも、ようやくバイトが出来る人潟るけです。


【ゲームについて】

ScreenShot_2017_0223_22_39_37.png

「深海探検にて」をまたまたアップデート!!今度のアプデでは修正とともに新規イベントを追加しております。
しかしそのイベントはそれほどお目にかかれないというか自分でもあまりお目にかかられたくないイベントですが…

しかしながら…深海探検にては最初、ただのノリで作った単純なゲームでしたが、開発してから5年ほど経った現在…プレイして頂いてる人達や応援して頂いてる人達によって、より良い感じのゲームへと日々進化しつつあります。
今はあれからどれくらい進化してきたかな…?100点中60点ぐらい?(˘ω˘)

プレイして頂いてる方や実況してくださってるやふりーむさんにてレビューくださった方々…本当ありがとうございますm(_ _)m
レビューくださった方から頂いた「(簡易的な)生物探知レーダー」「(ポケモン風)図鑑システム」などの要望は、今年の11月…毎年恒例の大型アプデにて実装しようかなと思っております。
日々進化していくゲームに乞うご期待…?




あとあと、ゲームと言えばこの弾幕検定ゲームの方も地道に進ませております。
この作品が初のまともな弾幕ゲームとなるであろう作品なので、例の試作品よりもゲームのグラフィックやシステムや音楽(今回は借り物じゃない曲)など以前よりも気合を入れております。背景のクオリティ…?気にするな
3月中にもしかしたらこれの体験版が出せるかも…?


【写真について】

P2150190.jpg
(沼津港深海水族館にて)

ウルトラブンブク!!

…はい、もう見た人は(主にフォロワーさんなどに)たくさん居るとは思いますが、なんとこの前ぬますいであの超希少なウニの仲間であるウルトラブンブクを念願の撮影!!ついに写真ページに追加出来てしまいました!!
いやあ嬉しい…。

ちなみに早めに追加したのは、単にテンション上がってた・珍しいから載せたかったという訳では無く、ウルトラブンブクは既に擬人化している生物だから早めに写真を追加しただけです。
珍しいからという理由だったら現在とっくにツブエゾイバラガニとかアカフクロウニとか追加してます…_(:3 」∠ )_

ところで明るい水槽で展示されたメンダコちゃんとウルトラブンブクはどっちがレアなのだろう…?

ゲーム作るのも良いけど、月1程度くらいには写真ページや擬人化ページも日々追加いかねばなと思いますね…今年もきっと早く過ぎるでしょうし…(˘ω˘) 時間を大切に…。



【他のゲームについて】

ポケモンGO…
チョンチー

2世代の深海ポケことチョンチー・ランターンが追加されてから私のポケモンボックスが色んな意味で大変な事になったので、(余計大変になるであろう)3世代に向けてボックスアップデートに専念しようと思います。


Floral symphony…
無題

こちらはふりーむさんにて見つけた、リラ・アイシクル氏による「Floral symphony」という(某同人ゲーム風)弾幕STGです。
システムや背景の演出などが凝ってて思わず見とれては被弾しておりました。
作者さんの技術もありますが、アクエディ4でココまで出来るのかーという良い勉強にもなりましたね。
楽しくプレイさせて頂いてるのであとでレビューとファンアート書きたいなぁ…。
ちなみに私的好きキャラはスクショに写っているリバーサさんです…見えないけど。


Posted on 21:21 [edit]

category: 日記

Page top△