10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

深海祭りレポとか 



どうも、昨日ぶりですね!人潟るけです。


【イラストについて】

テヅモヅとカラスウリd

しばらく忙しかったですが、ようやく余裕が出来たので、忙しかった時期に描いてたイラストなどを一気に更新しました。(主によその子絵ばかりで表スペースのイラストがそんなに更新出来てないけれども…)

今年はちゃんと祝えましたよ。誰かって…?テヅモヅちゃんの誕生日!
今年のテヅモヅちゃん誕生日絵は、植物のカラスウリとのコラボです。

なぜカラスウリを選んだかって?それは花の形が…

からすうり

こんなだから!!
おそらく「カラスウリ」と聞いてオレンジ色の実しか頭に浮かばない人が多いと思いますが、花を咲かせる時は、こんなテヅモヅちゃんっぽい美しい花を咲かせるのです。

ツイッターで初めて見かけた時、あまりのテヅモヅちゃんっぷりに、これは描こう!!!ってなりまして…今年の誕生日絵のネタとして描きました。普段植物描かない人だから植物のクオリティは<お察しください>ですが。
久々に作画崩壊良い絵が描けて満足です。


【ゲームについて】


↑今年のウナギ劇場3日目(笑)の動画。後半に予告動画があります。

すいません!!イベントで忙しくて以前よりそんなに進んでません!!
なので土用の丑の日では無く、8月頃に公開するというアバウトな事になりました。
でももうこれで予定が殆ど無くなりましたので、またゲームを進められそうです…なんとか完成出来ると良いな…。
毎回公開するする詐欺ですいません。


【深海祭りについて】


前置きが長かったですが、これが本題です。
また博物ふぇすから一週間後だったので、今回もそれほど大したものは置けてないのですが、今回は意外にもポスカを買って下さる人がたくさん居てびっくりしました。フォロワさんがたくさん来たからかな…?

まぁそれは置いといて、今回の第13回深海祭りの目玉といえば・・・

ら

ラブカさんですよ!!!

世にも珍しいラブカさんの解体ショーと聞いて駆けつけた人は多いはず。私も主にそのために深海祭りに毎回来てますし。

一日目当初に運び込まれた冷凍ラブカさんはこのように丸まってましたが…

ら12

解凍された2日目にはこのような背筋(?)ピーンとした姿を見せてくれました。


ららら3
(上)解凍前  (下)解凍後

また、解凍されて目つきも変わりました。ちょっとイケメンな目つきから、なんか標本でよく見かける目つきに変わりました。
つまりラブカさんは死ぬと、力が向けてこういうアヘ顔目が上を向いたような顔になるという事かな…?


↓以下解体ショーの様子です(※盛大にモツ注意なので苦手な人は見ないでね)



ら4

今回も解体をしてくれるのは、毎度お馴染みの長谷川親子さん。
1日目はメスのユメザメちゃん、2日目の前半はわりと珍しいメスのヨロイザメを解体しておりました。
やはりこのコンビはよく解体されますね。

そして2日目の後半はもちろんラブカさん!
ユメちゃん、ヨロイさんの解体ショーと比べてやはり特別なのか、基本30分くらいのトークショー&解体ショーなのですが、ラブカさんのトーク&解体ショーは約1時間もありました。テレビカメラさんが入るからかな?
(なのでどこかの番組で、この解体ショーの様子が放送される時、チラっと私が写るかもしれません)


ら5

さあ、ラブカさんを捌いていきます。柔らかい皮膚のイメージがあったラブカさんの皮は、切ってみると意外と硬いみたいです。やっぱりサメなんだなぁ~。

そういえば、ミツクリさんの時は、深海おじさんでは無く飼育員さんが丁寧に解体していましたが、今回は違うようです。
話によると…ラブカさんは解体ショー自体は珍しいけど、漁でかかってくるにはかかってくるサメらしいので、それほど貴重なわけでも無いんだとか。つまり前回やってたミツクリさんの方がレアって事なんですね。
確かにラブカさんは水族館でたまに見られたりするからなぁ…。


ら6

ラブカさんの中身!ラブカさんの肝臓は、他のサメと比べて灰色っぽい色でした。自身の体色とほぼ同じ色って感じ?
あとやはり深海ザメなので、体内を占める肝臓の量はやっぱりすごいなぁ…。


ら8

心臓も取り出してくれました。やはり他の深海ザメと同じく小さいね!

…と私は、心臓を取り出す深海おじさんを見て、ふと思った…

「あれ?なんか他のサメよりも心臓容易に取り出せてない…?」

何度も解体ショーを見てきたから分かるのです。深海ザメの心臓の取りづらさ。
深海ザメには、心臓の周りをなるべく守るように硬い骨に包まれてるらしいです。なのでそれを取り除くのはなかなか大変!…と、深海おじさんを何度も見てきて学びました。

しかしラブカさんの心臓を取り出す深海おじさんを見てると、なんか他のと比べてあっさり取り出せてるように感じました。
(ラブカさんのみに限らない事かもしれませんが)つまりラブカさんの心臓周りの骨は柔らかいという事なのか…それとも、それが存在しないのか…ああ、当時それを深海おじさんに聞けば良かった…!!


ら10

そして、ラブカさんの謎はこれだけではありません。
普通のサメは、歯の内側に必ず替え歯があって、それによって歯が何度も生え変われる仕組みになっております。
でも、ラブカさんにはそれらしきものが無いので、一体どのように歯が生え変わっているのかが分からないとのこと。
歯茎に直接生えてる説があるんじゃないか?…でも、歯が抜ける仕組みは一応他のサメにもあるように、一気にペロンと剥がれます。歯茎に直接生えてたらそんな現象はおそらく起こり得ないはず…ううむ、謎ですね。

このように、解体ショーを通して、その生物の仕組みについて色々な事が判明するので、深海祭りは面白い…!



ら11

そんな感じで、貴重なラブカさんの解体ショーは終わりを迎えました。ありがとう…!
さきほども言ったように、ラブカさんってそれほど希少ってわけでも無いらしいので、体を色んなマニアな人達が持ち帰っていきました。
中には標本にすると言って持ち帰った子供も居ました。おそろしや…。


そこで、ちょっとヨロイザメの肝臓とラブカさんの身を同時に持ち帰った猛者フォロワさんのツイを紹介しますね。



肝油ってこのように作られるんだね!
肝油といえば、今ではさまざまな病気の予防や回復に使われたりしている健康食品です。私も一度肝油エキスを買った事がありました。
深海おじさんも、昔糖尿病で死にかけた事があったものの、治療で肝油エキスを食べ続けた結果、一気に治って回復したという話を聞きました。深海ザメってすげぇ…!!



なんて美味しそうなラブカさん…この人の家庭は実に贅沢なひと時を味わった事でしょう。
ラブカさんといえば…前ぬますいの館長さんがラブカさんを刺身で食べて、「ちょっと脂分を抑え気味のアブラボウズの味だ」と言ってて、アブラボウズさんを食べた事もある人にしかよく分からないコメントを言ってたのを思い出します。

…ああ、見てると私もこの人みたいにたまには深海ザメの身をお持ち帰りして食べてみたいなぁ…たまにはグッズ販売しないで参加してみるべか?(←グッズ販売してるので都合上ずっと水族館に居る人)


P7300245.jpg

…と、そんな感じでした。
忙しい日々でしたが、博物ふぇすとともにとても楽しい日々を過ごせました!ありがとうございました!

とりあえず今は、ひとまず休んではぼちぼちゲーム製作進ませたりしたいですね。
これからも、そんなしんかいらいふをよろしくお願いします。


P7300245.jpg<わわ…私もこうならないようにしなきゃ…
P7300245.jpg<大丈夫!いざとなったら俺が守ってやるよ!
P7300245.jpg<えー…でもカグラさんもきっと狙われるでしょうし…余計不安です。
P7300245.jpg<そっか…そういや俺も狙われる身なんだな
P7300245.jpg<僕なら、君達を守れるかな…?
P7300245.jpg<お前は俺達よりも余計狙われないか?


スポンサーサイト

Posted on 11:53 [edit]

category: 日記

Page top△

コメント

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://deepseaife.blog.fc2.com/tb.php/119-18bf2e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△