04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

深海漁生放送感想 

どうも、ベッドが金具浮き出るほど硬くてかれこれ一週間くらい寝れてなかった人潟るけです。
最近は絵描かずにまた写真整理を行ってます・・・途中でもいいからいい加減写真ページを公開せねば。


ところでこのサイト・ブログを見ている深海クラスタさん達は何日か前にこれを見ましたでしょうか?



あの焼津の深海生物漁生中継です。ニコ生もここまで来たかって感じだなぁ~!
これは見るしか無いでしょ!…というわけで見てきました。

その感想をつらつらと・・・

【ヌタウナギ編】
こちらはすでに収録したものを流す収録放送。あと深海生物調査漁なので普通の漁とはまた違う…のかな?
ノーカットなのでテレビ番組のようにすぐ目的地のところに到着!…というわけではなく、1時間半くらい船の上でずーっとゆられてようやく目印のところに。やはり結構かかるんだなぁ。
その後仕掛けられた大量の筒を一本ずつ引き上げては、その中にかかったヌタウナギさんをひたすら取り出していくという作業を延々と行っていました。あまりにもこの光景が長く続くせいかコメントであまり関係ない会話をする人たちがチラホラ…。
あとやはりヌタウナギさん以外にもやはり色んな深海生物はかかるようで…オオグソクムシさんはもちろん、バイ貝エビクモヒトデ(しかも6本腕)、さらにはアナゴやウミヘビの仲間らしき生き物もかかってました。もちろんヌタウナギさん目当ての漁なのでほとんど捨てられてましたが。
漁師にとってはヌタウナギさん目当てでも、視聴者にとってはヌタウナギさんに紛れてかかってしまった生き物が見所って感じがしますよね。


【オオグオクムシ編】
こちらはヌタウナギ編と違って生中継。あとヨコハマおもしろ水族館さんとこで度々やっている「深海漁見学ツアー」の生中継でもあります。その様子が見られるのもまた感激!私もいつか参加したいんだよなぁ…。
船に漁師さん・水族館の人・ツアー参加者が乗り、漁に出たもののその後ツアー参加者の何人かが船酔いでダウンしてました…。この日は波が少し強かったみたいで。お気の毒に…。
目的地に到着し、オオグソクさんが入っている筒を一本一本取り出す作業に入ると中からオオグソクムシさんがワシャワシャと・・・でもそんなに数は居ない(不漁)。
…で、オオグソクムシさんの他に紛れ込んで出てきたのはあのコンゴウアナゴでした。
実は放送前日に「これもしかしたらオオグソクムシ編あたりで生きたコンゴウアナゴ見れるんじゃね?」と予想していましたがそれが見事に的中!見れたときは本当に嬉しかった…!
さらにさらに、オオグソクムシだけでなく深海サメ用の仕掛けも引き上げてみると、高級魚であるアコウダイトウジンの姿が…。
もちろんサガミザメヨロイザメ(漁師からはゴジラと呼ばれていた)などの深海ザメの姿もありましたが、あの巨大なカグラザメが姿を現した時はちょっと目を疑いました・・・深海ツアー参加者達が羨ましい
とそんな感じでテンションのあがる光景を見てきた後、深海漁ツアー参加者達と漁師さんは、陸へ戻り「サガミザメの刺身」「オオグソクムシの煙突焼き」などの漁師ならではのメニューが振舞われていました・・・本当羨ましい
でもオオグソクムシさんが内臓取り出されるところはちょっとエグかったです…。

深海漁おつかれさまでした

そんなわけで、今回のニコ生でやたらテンションがあがってしまった&お疲れ様でしたという事で描きました。
この絵に描かれている擬人化達は皆ニコ生に出ていた深海生物達(の一部)です。すごいね!
サガミザメ?アコウダイ?・・・まだ擬人化してないので・・・。


スポンサーサイト

Posted on 14:36 [edit]

category: 日記

Page top△

コメント

Page top△

コメントの投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://deepseaife.blog.fc2.com/tb.php/52-032ae60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△